ダイエット」カテゴリーアーカイブ

食べて痩せる!リバウンドなし!

食べなければ痩せる!もちろんそうです。
しかし体は常にエネルギーを必要としています。

http://www.sam-grenoble.com/

動いている時、寝ている時、息をしている時、
全ての動作で人間はエネルギーが必要です。
では食べずに体のエネルギーが足りない場合、どのような現象が起きるかというと、筋肉を分解してエネルギーを作り出そうとします。

そのため筋肉量は減り、体重は落ちてもメリハリのない体になってしまいます。
また普通に食べ始めたら今まで以上に体はエネルギーを溜め始め、あっという間に太ってしまいます。
ではどうしたらリバウンドせず健康的に痩せられるかというと、しっかり食べることです。

食べるといってもむやみに好きなものを食べていいわけではありません。
気にするべきは脂質です。三大栄養素といって、人間には3つの栄養素が最低限必要となってきます。まずは炭水化物、そしてタンパク質、脂質となります。
この中で1番カロリーが高い物は脂質です。脂質が多い食べ物は基本的にカロリーは高いです。

そのため太りやすくなってしまいます。太らないためにまず、脂質を気にして食事をするようにしましょう。しかし気にするあまり全く摂らなくなると便秘を引き起こしてしまうので、ある程度は必要です。例に出すと身長160cm体重50㎏で減量したい場合、1日炭水化物170g、タンパク質100g、脂質は30g以下に抑えるようにしましょう。

そして必ず朝ごはんは欠かさず食べるようにしましょう。
朝食を抜かしてしまうと体は昼食で摂った栄養素を全て吸収して体に蓄えてしまうので、まずは体に朝食も摂って無駄なエネルギーを溜め込まないように教える必要があるのです。

しっかり朝ごはんを食べて脂質を減らす努力をするだけで簡単に体重は落ちるのです。普通に食べているのでリバウンドの心配もありません。
ぜひ試してみて下さい!

とにかく動いて、食べない。

とにかく動いて、食べないことに尽きる。年々に心身代謝も悪くなり、気をぬくと、すぐ身体が重くなる。しかし、少しの工夫の習慣で身体は自分の思う様にコントロールできるなと感じます。健康のためにも身体を動かすことはすごく大切だと思います。http://trattoria-beare.ciao.jp/

ヨガを紹介してくれるアプリや筋トレのやり方を教えてくれるアプリ、今はユーチューブでも情報多々に揃っております。自分にあったものを無理なく、楽しく続けることがコツだと思います。習慣が人を作ることは間違えありません。

エレベーターを使わずに、階段を使う。電車に乗るときは立っている。料理をしながらも、かかと上げをする。ほんの少しの隙間時間での運動も大切に思います。とにかう動くことです。あとは食べないということ。

きちんとした栄養を摂ることは大切です。しかし、食べ過ぎなきゃ太らないのです。お腹が空いた時も少しでもカロリーの少ないものを選択する。三食を二食にするとか、食べる量を減らすと太らないのです。とにかく食べないのです。ダイエットは自己管理をするものと感じます。痩せると綺麗になる。体調がよくなる。行き過ぎのダイエットは私はよくないと思いますが、日々の管理、日々の習慣が私流ダイエットです。

半年で11キロ痩せた話

半年で11キロ痩せました。痩せてからもうすぐ1年が経過しますが、リバウンドすることなく保っています。

スララインの効果と私の口コミ!

◆なぜダイエットしたか

これ多分一番多い切羽詰まった理由だと思いますが、私も世間と同様に、結婚式が半年後に迫っていたから、です。細い女性が好きな現主人と出会い、出会ったときから痩せてくれ痩せてくれと懇願されてはいましたが、多少食事に気をつける以外のことはしていませんでした。

ですが、結婚式が決まったら話は別。その時点で158センチ・63キロありました。会社の健康診断で、痩せた方がいいという注意書きが出る感じです。

◆何をしたか

食べなかった。身も蓋もありません。具体的には、夜ご飯を置き替えのシェイクにして、昼ご飯をサラダと春雨スープなどにしました。朝ご飯は結構しっかりと食べましたので、ほぼ一日のエネルギーは朝ご飯でした。

その他には、パオで顔の肌肉を鍛えつつ、ナイスデイで足の筋肉を鍛えつつ、土日はランニングを1時間程度。

◆どうなったか・反省

結果、みるみる体重はおち、さすがに50キロを切るところまでは達成できませんでしたが、当日は52キロで迎えることができ、ついぞみたことのなかったあばら骨と鎖骨とご対面。

しかし、大きなはげがあたまのてっぺんにできてしまいました。(数カ月で戻りましたが)無理は禁物でした。

痩せている人間から見たダイエット

こんにちは!http://adinesagalyn.com/

ブログのタイトルを見た方はとても違和感があったのではないでしょうか?それもそうですよね。「痩せている人間から見たダイエット」というタイトルを付けるなんて、一部の人たちからは「ダイエットを舐めるな!」という意見があるかと思います。申し訳ございません。

わたし自身痩せている方ですが、正直ダイエットとは無縁の人生を歩んでおります。その点について、今回はこちらで説明させていただきたいと思います。

実際のところ、わたし自身の食べる量などは一般人の適量と変わりません。それでも何故太らないかというと、1日3食、食べる時間と食べる量を決めています。カロリー数などはあまり気にせず、食べる量と食べる時間を固定化しています。それによって、その流れが日々の習慣になり、寝る時間なども固定化されていき、間食などもする事なく健康的な生活を送ることが出来ます。

また、運動に関してですが、わたし自身自らすすんで運動をするようなタイプではありません。ですが、わたし自身心掛けている事は外出する用事がある時は、よっぽど遠くない所は徒歩です。往復で10kmくらいでも基本歩いて行動します。それをたまに心掛けることによって、とても良い運動になります。

このような小さな普段の心掛けから変えていけば、自分なりのダイエットが見つかるかもしれません。

太りやすい体質?いえ糖質の取りすぎでした。

社会人なりたての頃の話です。

同年代の子と比べて、少しふっくらしているぐらいの体系だったのですが、少しずつ体重が増えていたのです。

体系にも徐々に変化が起きて、二重顎が目立ち始めて体全体が重いと感じていました。

けれど原因が全く分からなかったのです。

というのも、他の同年代の子と比べまして、

私はそんなに食事量が多いわけではなかったのです。

むしろ少ないぐらいで、それで足りるのかと聞かれることもあります。

けれど太ってきている以上、原因は食事にあると思ったので、

何か社会人になってから変化したことはないか考えました。

そしてようやく気付いたのが「ご飯の量を多めに摂取している」という事でした。

おかずの量は変化していなかったのですが、

ご飯、つまり「米」の量だけ多くなっていたのです。

米は糖質を含んでいる食べ物です。

おかずの量が同じぐらいの量になっていたら変化はあまりなかったのでしょうが…。

また私は菓子パン類も好きで、お昼は基本菓子パンでした。

パンも糖質を含んでいます。

米の量が増えて、菓子パンをほぼ毎日お昼に食べていたら、

確かにこれは太るなと、ここで原因に気づきました。

http://familyejournal.com/

私が太った原因は糖質を多く取っていたからです。

なので糖質ダイエットを行うことにしました。

まず米を食べる時は、毎回100gに量ってから食べるようにしました。

菓子パン類に関しましても、最近では糖質カットされたものも発売されているので、

それを買ったりして、糖質ダイエットを続けていきました。

結果、1年で8kg減です!

体系も元に戻ってダイエットに成功しました。

ちなみに現在も糖質には注意して生活してます。

現在ダイエットを考えている方、私のようにあまり食べていないはずなのに何故か太り始めてしまって

悩んでいる方は糖質ダイエットはいかがでしょうか?

あくまで私の例ですが参考にはなると思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

私の経験が誰かのお役に立ちますように。

ダイエットに必須なことと避けたほうがよいこと

タンパク質はダイエットに必須です。たんぱく質は太ると思うかもしれませんが、これは必要な筋肉のために利用する必要性があります。グラマラスタイルを完全レビュー!

とても重要な栄養素といえるでしょう。ダイエット中もタンパク質はしっかりと摂ることが必須になります。問題はたんぱく質は高い、豊富ということは前提としてもタンパク質が豊富でもカロリーが高いものは避けるということです。

例えば高脂肪のステーキとかを避ける、ということにしましょう。高脂肪タンパク質は避けるようにする、ということだけでも相当によいです。

それと本当に割りと避けた方が良いものとしてあるのが炭水化物です。ただしいきなりがっつりと全て食べないようにするというのがそれはそれでよろしくない感じにはなってしまいます。何しろエネルギーのもとであるからです。ですから、少し炭水化物を削るという程度にした方が良いでしょう。

さらにいえば白米ではなく、玄米にするということがお勧めです。

これはかなりよい方法であり、結構しっかりとカロリーを削るということに使えたりすることがありますから、実にお勧め出来る方法となるでしょう。玄米は白米より高いことが多いですなダイエットのためです。ですから、玄米を食べるようにしましょう。

朝活ダイエットで健康的に痩せる!

ダイエットについてインターネットで調べると星の数だけ出てきますが、

その中でも今回は、私が実践して無理せずマイナス3キロを達成した日々の生活を見直しながら

健康的に痩せる朝活ダイエットを成功させる方法を記載します。ベルミススリムタイツ

まずこのダイエットは朝活と書くくらいなので、

朝の活動をしっかりと意識して行うダイエットです。

食事制限や激しい運動をしないため、精神的な辛さも大きくありません。

では、どういったことを実践していくのでしょうか。

特に大切な2点を紹介します。

1,朝食は必ず摂取する!

朝食は抜かずに必ず食べるようにします。

朝食を食べることで寝て起きたばかりの飢餓状態の身体を起こさせるだけでなく、

身体の代謝を上げて、その後の活動で脂肪を燃焼させやすくします。

その際、特にたんぱく質が多く含まれている卵とカフェインが入っているコーヒーを飲むことで効果も高まります。

2,軽い有酸素運動と筋トレを入れる!

朝食後に軽い筋トレ(腹筋や腕立て)と有酸素運動(ジョギングやウォーキング15分程度)をしましょう。

朝に運動することで運動が終わってからも継続的に脂肪燃焼が続くため、

少しの運動でも最大限のダイエット効果が得られます。

みなさんもいつもより少し早く起きるように心がけて、

無理をせずに、

健康的に痩せてみてはいかがですが?

食べていても太らないダイエット

ちょうど一年前から、スポーツクラブのプール会員になっているのだが、水泳はダイエットに効くと感じている。

グラマラスパッツの効果

私もバリバリ泳げるわけではないし、最初はアクアビクス(水中のエアロビクス)のレッスンに参加したら、ものすごく楽しい。毎日先生が変わり、それぞれの先生の個性やノリが違うので楽しめる。浮き輪やボール、ニードルという棒の浮き輪を使ってやるクラスもあるし、体幹を鍛えるようなクラスもある。

その次は少し勇気を出して、スイムを教えてくれるクラスに参加したが、こちらも自分の泳ぎ方のクセを教えてくれる。疲れるとプールのウォーキングをしている。

そして一番効くのは、バリバリフリーレーンで泳ぐ事だ。バリバリといっても、得意な平泳ぎと背泳ぎでゆっくり泳いでは休む。少し泳いだだけで、心臓がバクバクになってしまうので、かなり効いていると思う。アクアビクスとウォーキングとスイミングはやはり使う筋肉が違う気がする。

水泳をはじめて一年で五キロやせた。コロナでスポーツクラブは2ヶ月休みだったが、その間はウォーキングをしていて、太らなかった。プールはマシンと違って、もともと換気がよいらしく、飛沫も広がらないようなので、比較的安心らしい。泳いだ後はアロマサウナも体に良い気がする

オートミールで減量成功した!

3食のひとつをオートミールに置き換えたらダイエットに成功しました。オートミールの調理はとても簡単で、お湯を入れてふやかすか、水を入れてレンジで加熱すれば食べれます。鍋で少し煮込むとどろっとした感じになってボリュームがでます。味はお粥みたいなので、味付けしないで全部食べるのは辛いのでスープに入れたり雑炊みたいにして食べます。味付けは和洋中なんでもあいます。リゾット風にしてトマト風味で食べるのがとても美味しいです。

シボル

その上にチーズを乗せて食べると最高です。雑炊は朝ご飯や食べ過ぎた翌日に食べるのがおすすめです。味付けは和風の顆粒だしとほんの少しの醤油で大丈夫です。そこに卵をとじてあげれば優しい雑炊になります。ご飯系だけではなく、お菓子作りにもオートミールを使うのもおすすめです。クッキーにしたりグラノーラにしたり、そこにナッツをまぜればとてもおいしいスイーツになります。

ダイエット食として注目されて、一時期売り切れて買えない事がありましたが、今ではスーパーにも取り扱っていて手軽に手に入ります。美味しく食べて減量できたので無理して食事制限してる人におすすめです!(海外のオートミールに興味がある人はカルディで買うといいです。)

オススメのダイエット継続法!

ダイエットってなかなか継続するのが難しいですよね。それってやっぱりモチベーションをずっと保つのが難しいからじゃないでしょうか?そこで私がオススメしたいダイエット法が、こちら。

シボルの通販最安値は?私の口コミや一番お得な購入方法などをまとめてみました!

『続けられないかも…飽きてきた…と思ったら新しいダイエット方を取り入れる!』。どういうことかというと、モチベーションが下がってくる原因の一つに、同じことを繰り返していても、「効いていないかも…」「これでほんとに痩せるの?」と思ってしまう不安からきます。そんな気持ちに負けてダイエットを中断してしまう人が多数。そこで私はこう言います。「じゃあ違う方法をどんどん試していけばいいじゃん!」。

新しいことを試すってちょっとした冒険でワクワクしませんか?ダイエットも同じで、同じことを繰り返していれば、人間誰しも飽きてきてしまいます。だったらあえて新しいことを次々試していってダイエットをおしゃれ感覚で楽しんでしまおう!ということなのです。よく芸能人がSNS上に、ジムで鍛える姿やダイエット食をあげていますよね。私が気づいたのは、彼らがいつも同じダイエットをしているわけではないということです!

新しい筋トレの方法や流行りのダイエット食をいち早く取り入れています。芸能人気分で彼らと同じダイエットをすることはまた、モチベーションをあげてくれますね。ぜひ試してみてください!

産後、無理なくおいしいダイエットに成功◎

160cm、56kg。一人目の出産を終えて数か月、なかなかこの体重から減らないし、維持も危うい。子どもが寝付くとなんだか無性にお腹が減る。子どももだんだんと動くようになってきて家で持て余すようになってきたなぁ…そろそろママ友もつくりたい。

リゲイントリプルフォース

これをきっかけに外へ出てダイエットも始めよう!と思い立ってから半年で、9kgの減量に成功しました。変えたのはまず食事から。これまで、サラダやプロテインばかりのダイエットを繰り返していましたが、冷えからかお腹がすぐにゆるくなって無理に排泄して減量しているようで、子育て始まったばかりのパワーが必要な時にするやり方ではないなぁと判断。しっかりスタミナつけながら、無理なく無駄なものだけを落としていく方法を模索しました。まず気を付けたことはお腹を冷やさないこと。朝食には、離乳食をつくるのと一緒に自分のお粥を、かぼちゃやサツマイモ、卵、梅、鶏出汁など日々味を変えて食べていました。

具だくさんの汁物、余裕があればお浸しやあえ物など副菜。リンゴや柿などもなるべくあたためて食べるように。夜はなるべく17時までに食事を終わらせて、どうしてもおなかが空くときは蒸したサツマイモや甘栗、あたためた豆乳にはちみつやすりごまを入れたドリンクなどを口にし、料理にも間食にも白砂糖は使わないように心掛けました。使うのであれば黒糖やはちみつを少量。料理に甘みが欲しい時は、しょうゆ麹や甘酒など、麹を活用して甘みを出します。

この甘さに徐々に慣れてくると、間食も市販のおやつを欲しなくなるので不思議。あとは食べる楽しみとして、おいしい魚介やお肉などをケチらないで献立に盛り込みました。これまで甘いものやジャンクなものについ手が伸びてしまってきたのも、食事で満足できるようになっていきました。なんせ、料理が楽しくなる!たまにケーキやアイスや菓子パンを食べる時もありましたが、このような食生活を基本に半年継続し、9kgの減量と維持ができています。

乾燥肌の対策は日々のケアが重要です

乾燥が気になる時のお助けアイテム。いろいろ使っていますが、なかなかこれだ!というものがなく、トライアンドエラーでいろいろ試している状態が続いているのです。

もとはと言えば、10年くらい前から、夏に目の周辺が異常に乾燥するようになり、赤く腫れてカサカサになってしまうようになりました。http://www.griffin-premium.com/

その時は、皮膚科でヴァセリンの一種を処方されました。

カサカサと赤味は処方されたヴァセリンのお陰ですぐに落ち着き、その後はドラッグストア等で販売されているものを主に美容目的で使用しています。

ヴァセリンは無香料・無着色のナチュラル処方という事で、いつでもどんな時でも安心して使えます。私は主に、下まぶたと唇に使用しています。エアコン等で乾燥する時期には手放せません。

ただ、これだけでは、肌の乾燥が抑えられない時もあるのです。

ピンポイントでカサついて皮が細かくめくれていたりすることがよくあります。毎日のケアには化粧水とクリームも使っていますが、カサカサの部分にはちょっと厚めに塗るようにしています。

ヴァセリンが若干強めということもあるのか、逆に塗った部分が光ったりかぶれたりすることもあるので、通常のクリームも使い分けるようにしているのです。

これからも上手に組み合わせていこうと思っています。

同じメニューダイエット

ダイエットの内容は食べる物についてのもので、タイトルにもあるように同じ物、つまり食事のメニューを固定するというものです。もともとは家計の見直しを理由に始めたものだったのですが、結果として体重の減少につながったので今回記事にさせていただきました。

やることは主に…

①1週間内の朝・昼・夕のメニューをそれぞれ決定する。http://flex-racing.net/
②その食材を週に1~2度の買い物で揃える。

③計画に沿って食材を消費していく。

④週に一度は自由に食べていい日を作る。

です。

最も大変だと思われるのが①になりますが、1日の摂取カロリーを調べ、朝という比較的時間のかけにくい時間帯においていかに時短でそれなりの食事がとれるかに着目すればメニューは決まってくると思います。ちなみに、私は「冷凍しておいたご飯」「レンジでパックごと温められるレトルトカレー」「野菜ジュース」「ヨーグルト」「フルーツグラノーラ」にしています。朝食が決まれば昼食と夕食ですが、私は仕事柄昼食を取れる場所や時間が不安定なので「菓子パン及び総菜パンを2個」として、夕飯は「きつねうどん」にしています。栄養価の側面からは必ずしも適しているといえるかは定かではありませんが、よろしければお試しください。

痩せ期を発見して効果的にダイエットする

女性には、生理の周期によって痩せやすい時期という物があります。

また、週単位や月単位の生活パターンによっても、痩せやすい時期や太りやすい時期という物があります。

その周期および時期を、体重および体脂肪率の記録と比較対照することで、個人個人に最適なダイエット法を見つけることができます。

女性であれ男性であれ、多くの人は週末に太るという傾向が見受けられます。

このような人は、週末に飲食が増え、運動する機会が減るという傾向があります。

生理周期に合わせたダイエットと同じく、体重が減少しやすい時期には運動などエネルギーを消費する行動の効果が発現しやすく、体重が増加しやすい時期にはエネルギー消費行動の効果が発現しにくくなっています。

太りやすい時期には、運動して体重を減少させようとするより、食生活を見直して太るのを抑制したほうがよいでしょう。

太りやすい時期に、体重が増加しないようにすることができたなら、次に訪れる痩せやすい時期に運動量を増加させたりした場合に、その効果が発現しやすくなります。

このような行動によって体重をコントロールする方法は「行動療法」と呼ばれていますが、痩せるタイミングとその行動について多くのチャンスに気づければ、その分痩せるチャンスは増えることになります。

糖質制限は効果が出やすい!

私は、昔から食べる事が大好きで小さな頃から太っています。

年頃になると気にし始め、縄跳びをしてみたり筋トレをしてみたりしましたが、全く痩せませんでした。

なぜ痩せないのか…それは運動が元々好きではなく続かないという事と、食べる事の大好きな私は、動いている以上に食べているからだという事は自分でもわかっていました。

また、食べる事でストレスを発散している自分もいました。

大人になり、自転車で通勤したり、ジムにも通ってエアロビをしたり、エアロバイクに乗ったりしましたが、やはりストレスもありそれ以上に食べていて痩せないのでした。

本当に好きな人ができた時には、トキメキで珍しくご飯が喉を通らず、少し痩せました。

しかし、時間が経つにつれ食欲も戻りました。

結婚し、子供が出来てますます太った私は、健康の為にも痩せなくてはいけないと思っていたその頃、糖質制限が流行りました。

糖質さえ気にすれば、食べながら痩せられるのはすごいと思い挑戦しました。

頻繁にローソンに行き糖質の低いパンやお菓子を買ったり、サラダチキンを食べたりした結果、特に運動もせず5か月くらいで8㎏痩せました。

人生で最短で痩せられました。

ただずっと糖質を抜くのは辛くなってくるので少し糖質を取りながら、リバウンドしない為に運動をするしかないと思いました。

糖質を意識しながら、運動する組み合わせは最強のタッグかもしれません。

自己流~しながら筋トレ

私50歳、身長155cm体重48kgで普通体型ですが、見た目痩せて見えるようで、体重を言うと結構驚かれています。

高校生の頃はややぽっちゃりでしたが、社会人になり気疲れ、ストレス、遊びで44kgまで落ちてしまっていました。

ダイエットをした訳でもなく、病気でもなく私自身はとても元気で、3食+お菓子のちょこちょこ食いをしていました。唯一たまにしていたのが「自己流~ながら筋トレ」です。テレビを見ながら腹筋や腕立て伏せをしたり、寝る前に脚を上げて自転車漕ぎ、仕事中イスに座っている時に脚を上げて足首を上下させたり。そのせいか体重のキープはできていました。

ですが、30代に入り食生活は変わっていないのに、気がつけば50kg。そして妊娠、出産を終えて授乳時に47kgまでなぜか自然に落ちましたが、40代半ば頃またもや50kgになっていたのです。

でも歳も歳だしこれ以上太らないようにしようと気楽に考えていたのですが、急に割れた腹筋に憧れ始め、中年のおばちゃんが腹筋割れてたらかっこいいじゃないかと思い、腹筋アプリを使ってみる事にしました。腹筋をしなかったら内容は忘れましたけど「してないよ」通知が来るアプリ。

それが鬱陶しくてやけになり毎日30回寝る前にする様になりました。1年位はアプリの力を借りましたが、その頃には腹筋は硬くなってきていて、私自身も腹筋をしないと気が済まなくなっていたので、アプリは消去してかれこれ4,5年腹筋を続けいます。

おかげで腹筋には3本の縦線が出来てきて、ウエストにかなりのくびれが出来ています。食事制限は一切していません。元々食は細い方で、年齢と共に食の好みや量も変わってきているせいもありますが、2kgダイエットに成功した上に腹筋は何となく鍛えられウエストにくびれもできて見た目、実体重より少なめに見られるようになりました。

若い頃は食べなかった1,2kgすぐ落ちるしと思っていましたが、40代にもなるとその1,2kgを落とすのに数年はかかるんだという事に気付かされました。

これからも「自己流~ながら筋トレ」を続け、体重キープとカニ腹を目指します。

30歳手前男の体の引き締め方

今年で29歳になる男性会社員です。20代前半ごろまで、私は好きな時間に好きな食べ物を食べて生活してきました。体型は痩せ型で、筋肉質であり、ダイエットとは無縁の生活を続けていました。ところが、25歳にさしかかったあたりから、体の贅肉が目につくようになってきました。

特に下腹や、脇腹のお肉が、鏡を見たときに目立つようになってきたのです。気ままな食事に加えて、仕事が忙しくなったこともあり運動する時間が取れなくなったのも原因だと思いますが、何よりも加齢によって身体機能が衰えていることが贅肉の原因だと身を以て体験しました。

焦った私は、食後や仕事の後にランニングや筋トレを行うようになりました。ところが、20代前半までは筋トレをするとすぐに引き締まっていた体が、全く筋トレの効果が出なくなってしまっていたのです。

数ヶ月運動を続けましたが、贅肉や体重は落ちませんでした。そこで私は考え方を変え、食事制限を行うことにしました。

食事制限といっても厳しいものではなく、意識的に炭水化物の摂取量を少なくしただけです。例えばお昼ご飯では食堂の白米を抜くようにしたり、夜ご飯は肉や魚などのタンパク質を多くとるよう心がけました。

そうすることで、贅肉が落ち、引き締まった体が戻ってきました。30手前の男性にとって、運動も必要ですが、何より大切だったのは適度な食事の際の心がけだったようです。