口臭」カテゴリーアーカイブ

口臭がひどい人はそれだけで大きなマイナス

「口臭」という単語だけで、多くの方がいい気分ではないと思います。
過去に口臭のひどい方の臭いが気になったら、思いだしても顔をしかめてしまう、あるいは気心の知れた人のあいだでは
イメージ悪く顔をしかめ気味で「ああ・・・あの口臭のひとね。」名前は忘れてしまっても、それだけは記憶に残るほどのインパクトがあると思います。

ブレスマイルウォッシュの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談! 
 
原因はさまざまなようですが、口の中に原因があることがほとんどのようです。
口臭のひどい人が学校、職場にいて、近づいて話すとき、もう話も何も頭には入りません。
ただ、その臭いが気になって早くこの場から逃れたいだけになってしまいます。

そうすると、今度は自分は大丈夫かなと気になります。

通っている歯医者さんに聞いてみると、原因はさまざまなようですが、口の中に原因があることがほとんどのようです。
虫歯、歯周病、歯の磨き残しなど、結果的には雑菌なんです。
正しい歯の磨きかた、歯ブラシの選びかたなどを教えていただきました。
そして本当にちゃんと磨けているか、チエックしてもらいました。
自分では、ちゃんとやってるつもりでも意外とできてなかったりします。
実践してコツをつかんで身につけたいものです。

いずれにしても、お口のケアは大事ですね。

どんなに素敵な人でも「口臭」がひどいとそれだけで、失礼ながら、近寄るのさえあまりいい気分ではないです。
あまり神経質になりすぎない程度で、でもしっかりとお口のケアはしたいものです。
 
お口の中に自信がついていると、息キレイは自分もキモチいいです!
 

人生の満足度を下げてしまう口臭の原因について

口臭とは「口あるいは鼻を通して出てくる気体のうち、社会的容認限度を超える悪臭」と厚生労働省のホームページでも定義されています。http://tabikyo.heavy.jp/

口臭が気になって仕事も手につかず、友人関係でも積極的になれないなど、能力を発揮できなくなったり人生の満足度の低下にもつながってしまいます。

原因としてあげられるのは

1.細菌

  口臭の一番大きな理由は細菌です。

  唾液が減ると細菌が増えてしまいますが、ストレスや緊張・ホルモンバランスなどの変調により唾液の分泌が減ってしまい、その結果口臭が強くなってしまうのです。

  また、朝に起きしたばかりの時は、寝ているときに口呼吸などもしているため、かなり唾液の分泌量が減っており、非常に口臭が強くなっています。 

  細菌の大きな原因となるものは歯周病や下苔などがあり、日常的に口腔ケアを行うことが大事になります。

2.血液中の成分

  ニンニクなどを食べて血中に溶け込んだ成分が、消化されたあとに肺などを通して口臭として出てくる場合もあります。

  他には鼻炎などの感染症の場合も膿が口腔内に流れ出ることで口臭となることもあります。

  

  口臭に悩む人は多いですが、実は本人が思うほど口臭はひどくない場合もあります。

  ストレスなどの心理的要因によるこころの病でも口臭を気にしてしまうこともあるのです。