肌質は変わる者なのだろうか?

お風呂は至福の時間です。ルメントホワイトニングジェル

子供が生まれてからはゆっくり入れたことなんてないけれど、それでも温かいお湯に浸かると全身から疲れが抜けていくような気がするのです。

一緒に入った子供のプニプニほっぺに頬ずりする瞬間は幸せで思わず「はぁ?」と声が出てしまう。

しかしある日言われたのです。

「私のほっぺ気持ちいいでしょう?ママのみたいにザラザラじゃないもんね!」

もう雷が落ちたかのような衝撃です。

そうですよね、プニプニほっぺが気持ちいいのは私だけ。頬ずりされている方は何かザラザラしたの擦り付けられてるなぁという印象なのです。

ごめんなさい。もしかして嫌だった?聞きたいけれど怖くて聞けませんでした。

確かに最近加齢による肌質劣化に加えて、マスクの長時間着用がストレスなのか、アゴから頬にかけての吹き出物が絶えない状態でした。

アラフォーにもなると一度できた吹き出物はなかなか消えてくれません。それどころか同じ場所に何度もできるほど。お世辞にも綺麗な肌とは言えません。

マスクを通気性の良いものに変えるという手もありますが、可能なら他に何か良い手段を探したいところ。

とりあえずはこまめにマスクを交換するのと、基礎化粧品を大人のニキビ対応のものに変えてみました。

肌質劣化は有る程度仕方がないとはいえ、せめて吹き出物だけでも何とかしたい。

1日の疲れを癒すプニプニほっぺへの頬ずりがかかっているから直って!そう願いながら今日も化粧水を手に取ってます。