マスクでの生活が当たり前になって

私は長野県に住む20代の男性です。

nicoせっけん

タイトルの通り、「マスクでの生活が当たり前になって」について記事を書きたいと思います。

新型コロナウイルスが世界中で流行し、生活様式がかなり変わったのではないかと思います。特に変化した点といえば、「マスク着用」が当たり前になったということではないでしょうか?

私はもともと自分自身がマスクをつけるということにかなり抵抗感を感じていました。理由としては息苦しい点、肌に悪影響であるという点です。これは自慢ではないのですが、風邪をひいていようが、花粉症だろうが今までマスクをつけて過ごしたという記憶がないくらいです。

こんな私にとって現在の「マスク着用は当たり前」はかなりのストレスでしかありません。

おそらく私と同じ考え、同じくストレスを感じている方がいると思いますので、なにか対策やストレスの改善方法があればぜひ教えていただきたいものです。

最近は、ウレタンマスクがあまり効果がないとのことで、不織布マスクにしなさいと言われ、不織布マスクにしたのですが、現在1日1個のペースでニキビが顔に出来ております。これはまさしく不織布マスクが影響しているとしか考えられないのですが…。

早くマスクの生活から解放される日を心待ちに今日も不織布マスクをつけ、全力でニキビを生産していきます。