髪の毛が多いことはメリットなの!? 

成人式の日、美容師さんの一言「髪の毛の量が多いから大変」。

私は「まただ・・・」と落ち込んだ。

トリコレ温感ヘッドスパを辛口評価!購入して3ヶ月使用した効果と口コミ!

そう、この言葉は私が小学生の頃から、ずっと言われ続けている。

小学生のとき大変だったのは、自分で髪を洗うとき。

流しても流しても、なかなか泡が落ちない。

髪を乾かすのは、もっと大変。必然的に、ドライヤーをあてる時間がながくなり、髪も傷んだ。

中学生になったら、洗うことには少し慣れた。

おしゃれにめざめ、編み込みにも挑戦した。

だけど、学校には決まって1本かお下げ髪。

高校、大学とさほど髪の量が多いことのメリットは感じなかった。

編み込みする機会だって、たかがしれている。

そんなこんなでむかえた成人式での、あの一言。

「髪の毛が多いことでメリットはない」という認識を、自分のなかに埋め込む最終的な出来事になった。

ところが、30代半ばから髪の様子が変わってきた。

なんだか量が減っている気がする。

だけど、私は「髪の量が人より多いのが私。いままでより多少減ったところで、人並みになった程度」

くらいに思っていた。

ところが、ところが、40代に突入。

あの髪の毛は一体どこに消えてしまったんだ?・・・、訳がわかんない・・・。

もう驚きを通り越して、ショックでしかなかった。

髪の毛をお団子にしたくでも、量がすくなくて、全然決まらない。

編み込みなんて、以前に比べたらかわいそうな程度にしか完成してない。

あとのとき、まったく感じていなかった「髪の毛が多いことのメリット」。

やっと気づきはじめたのが40代になってから。

でも、そのとき既に髪の毛は少ない。

一体、私は何なんだ。いつ自分に満足いくんだ。

40代になった、この髪の状態をメリットに感じることはないのだろうか?

それは負け惜しみなのだろうか?

いや、それを認めたら自分に負けている気がする。

だから、この少なくなった髪、コシ、ツヤがなくなった髪の自分でも、

何とか自分がワクワクできるように、やさしくシャンプーしてドライヤーで整える。

きっといつか、この状態の髪でもメリットに感じて、自分を好き!と感じられる時がくることを願って。